包茎にも多くの種類がある


一言で包茎と言っても、多くの種類があるのです。これは知っていましたか?
病気だと勝手に思われている包茎ですが、これは広告が適当な事を言っているだけなので、気にしないでください。

60%。これが日本の男性における包茎の割合です。
仮性包茎が主であり、通常なのですが、中にはカントン包茎と呼ばれる重度の物も存在しています。

包皮が亀頭を包んでしまっている事で起きる包茎も、自分で清潔にできれば問題はありません。

実際、銭湯や温泉など公共の場で裸体にならなければならない事が日本には多いですが、事実相手のペニス等ソコまで他の方は気にしていません。あまり考えすぎない事です。

隠す事が既に怪しいのです。

しかし、プライベートゾーンは見せたくない物ですよね。

愛する事が出来て、性行為も通常通り行える。更に子供が出来るのであれば問題は全くないのではないでしょうか。

もし、カントン包茎や真正包茎であったりすると感染症の危険や、他にも様々な要因が絡んでくるので正直包茎と言った事でメリットがあるのは、聞かない事ですよね。それは、デメリットが多いからともいえます。

しかし、包茎と言う物はなかなかみなさん、知識を付けるのが難しい所があるものです。なので、もし自分が包茎の手術を行うと言うのであればここは一つ、しっかりと1から包茎を学び直し、その知識を元にメリット・デメリットを把握してちゃんとした医師に相談していくと言った事が重要になってくるのです。

自分は自分です。
事実、本気で自分を愛してくれる人がいればナンにも辛い事は無いのです。余悩まず、前向きに生きていきましょう。

包茎による症状


カントン包茎、真正包茎、仮性包茎。包茎だけとってもこれだけの種類がある事をしっていますか?
この中で、包皮口がせまく亀頭が急激に圧迫されてしまう病気があるのです。
無理矢理、亀頭を出そうとする事で起こってしまう災難なのですが、この陰茎と包皮の状態をカントン包茎と呼ぶのです。

包茎というのは、仮性包茎か真正包茎です。
カントン包茎は包茎と言うより、包茎による症状と言った方が的確かもしれません。
もちろん、包茎と亀頭が癒着状態であるのにも関わらず無理矢理皮をむいてカントン包茎になってしまう状態もかなり例があります。

そもそもカントン包茎とは、どんな症状のものなんでしょうか?

包皮口の締め付けが強く、亀頭が締め付けられてしまう状態。これがカントン包茎ですがこの症状は包皮がかなり弱いのでどうにかしようと包皮を無理矢理剥いてしまう事により出血の危険性もあります。
ここは、様々な用途がある陰茎部分なので、細菌の増殖もあります。

ここで気をつけたいのが、傷口から細菌が侵入してくる事です。これは危険ですよね。

炎症を起こす危険性もかなりありますし、勃起時に包皮を無理矢理剥く事による出血と激痛がある事も視野に入れてください。
亀頭を雑に扱ってしまう事によって、陰茎を通っている血管等もきれてしまい、最悪の場合ですが亀頭が懐死してしまうといった状況も良くあるのです。

一旦亀頭は、懐死してしまうともう二度とは戻りません。これは、もう手遅れと言って言いでしょう。
性病や感染症。これらの危険性も十二分にはらんでいるのがこのカントン包茎です。ここは、気をつけたい所です。
もし、これを読んでおかしい。これはカントン包茎では無いだろうか。と思った場合、恥ずかしがらず早め早めの行動として医院に出向く事が必要でしょう。

包茎手術のサイト情報

http://ueno.co.jp/phimotic/
包茎手術 上野クリニック

http://www.mens-chuoh.com/kyusyu.html
福岡、鹿児島で包茎手術は中央クリニック|福岡院|鹿児島院|

http://www.tmc110.jp/lp4/
包茎手術なら東京美容外科メンズクリニック

最近の投稿

Copyright (C) 2013-2014 カントン包茎の症状 All Rights Reserved.